さぁ!カリオロジーに目覚めよう♪

歯科衛生士として「カリエスと向き合う」ということ

『カリオロジー2日間コース〜唾液検査などの実習付〜)』
2018年春『さぁ、カリオロジーに目覚めよう!』と題しカリオロジーを歯科衛生士が学ぶ場『DH Pro.school~カリオロジー編~』を開講しました。歯を失う2大疾患はカリエスと歯周炎で、歯科衛生士としてカリオロジーを学ぶことは、知識を深めていくことは患者様への医療向上、歯科医療機関の長期的な総合力にも貢献出来ます。以前のようにカリエスができたら治療するといった考え方から、近年ではカリエスができる原因を追求し原因を知ったうえでカリエスになりにくい方法を考える、戦略を立てる・予防プラン・予防プログラムを立てる。というように、カリエスを総括的に考え必要があります。
症例を交えながら学び、唾液検査や問診の実習を行い少人数制でのセミナーで、一人一人の受講生の皆様のお顔をしっかり見て、デンタルインタビューも含めた実習を行うことができました。
また、レントゲンで得られる情報から考察し、歯科衛生士として気付く目を養う。勿論診断するのは歯科医師ですが、私たち歯科衛生士も判断できる知識を身につけます。食育では、口腔内から全身に関わる中での、糖、人工甘味料、人体に及ぼす影響などの細かいところまでお伝えします。
 予防で大切な歯ブラシやフッ素の選択、唾液検査を早い段階で取り入れて頂く必要性など、多発性カリエスの症例を交えながらどう向き合うか皆で考えました。

以下、受講生より
♪今までぺリオのセミナーを受講したことはありますが、カリオロジーは初めてでとても勉強になりました!
♪サリバテストの意義が心の中に落とし込むことができました!
♪医院に持ち帰り、院長先生、スタッフの皆様にアウトプットし、取り入れていきたいです!
♪疑問に思っていたことがわかり、自信が湧いてきました!

またカリオロジーはカリエスの原因や成り立ちといった基礎知識から,従来の方法から見方を変えていかなければなりませんし、治療プランの立て方も更に一歩踏み込んだ形になるでしょう。
個々に合わせた、個別の予防プログラムを一緒に作りませんか?

お申込みはこちら
※外部サイトが開きます。

講師一同、全力でサポートして参ります。皆様のご参加をお待ちしております。
DH Pro.School スタッフ一同

◆新着情報 -infomation-

2019年04月02日 :
第三回カリオロジーコース受講生募集
2019年04月15日 :
【満員御礼】第三回カリオロジーコース締切ました。
2019年04月19日 :
第三回カリオロジーコースはキャンセル待ちでのご案内となります。

◆受講対象者

カリオロジーコースの受講対象者は、カリオロジーの知識を深めたい方でしたら、どなたでもご参加いただけます。

◆カリオロジーコース 研修内容 -Training content-

第1日目

予防プラン・プログラムを立ててみよう

唾液の力(そもそも唾液って?、緩衝作用)

唾液線への刺激、マッサージ

唾液検査(サリバテスト)

リスクとは?リスクアセスメント
(予防・リスクコントロール、分析と総合評価)

レントゲン読影

第2日目

カリエスを総括的に考えてみよう

リスクから考える
(個のリスク、患者自身のリスクから考えてみよう)

ライフステージ別に考える
ライフステージとカリエスのリスク)

カリオロジーで一番大事なことは?
・・・食事・食育

実際の症例でみて考えてみよう
(原因を知る、食生活環境の変化、予防コース)

2019年開講

カリオロジーコース受講生募集のご案内